プロフィール

kumi

Author:kumi
自家焙煎カフェ 
Cafe Midi(みでぃ)
 
   ~カフェお知らせ~

6月のランチは・・
三保で最盛期を迎える枝豆のキッシュ(限定6食)・
ごはんプレート(限定6食)のお魚は、パプリカのカラフルソース。
各800円です。
キッシュ・お魚は月ごとに替わります。
数に限りがありますので、お電話にてご予約頂けると確実です。
5名様以上の予約であれば、休日も、できる限り営業いたします。
お気軽にお電話下さい。

スイーツも全て手作りです。
どれもこれも、実母や留学中のMadameEspenelに教えてもらったものをkumi流にアレンジしてあるので、懐かしい家庭の味・・・という感じでしょうか。
ご来店お待ちしております・・・



   ★  ☆  ★  ☆

雨の日、ご来店のお客様へ・・・
ドリンク、50円割引しますよ~。
雨のカフェもいいものです・・・

 ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

424-0901
静岡市清水区三保2125
054-334-9569

営業時間
  平日 11時~17時


カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

時計


カテゴリ


最新記事


最新コメント


FC2カウンター


月別アーカイブ


検索フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抹茶のティラミス&老いについて考える

新緑の季節にピッタリの抹茶のティラミス。Image010_20110511104042.jpg
でも、今日は、大雨。きっと、カフェは暇でしょう。
あまったら、夕ごはんの後に、食べるつもり。それは、それで、楽しみ。
もちろん、お客さまが「美味しい」って言って下さるのが理想ですが・・・

最近、「老いの才覚」・「理想の最期」とかって、とにかくそういう本が話題ですが・・・
 カフェにも、近くの有料老人ホームのご年配の方が来て下さいます。

まだ、70台前半の女性は、一人娘さんの言われるがまま、だんなさんがなくなったのをきっかけに
遠方から、ホームへ。でも、車の運転もできるくらい元気。
ホームで頭がお花畑状態の方や、思うように体が動かない方との生活が、
とても苦痛のようでした・・・

でも、「老いては子に従えだから」って。
Kumiは、本当にそれでいいの???ってずっと思っていた。
だけど、心から、母を心配する娘さんのことも知っていたので、何も言えずにいました。
 
 ここ2ケ月ほど、その女性が、カフェに来ない・・・ひょっとして、もしかして???って
思って、近所のお知り合いに聞いたら、やはり、ホームをでたとのこと。
ちょっと、嬉しくなった話し。がんばって下さい・・・と届かぬエールを空に送った。

 
そして・・・彼女と入れ替わりのように、週1度来店くださる、品のいいおじいちゃま。
階段が心配で、いつも下までお見送りします。

 最初は、すたすた歩いていたのが、ここ最近、よろけてしまうこともあり、
お支払いも、すっと金額がだせていたのが、しばらく考えても、間違われてしまうことも・・・
 
 でも、以前は、社長さんで、この間は、綺麗なお嫁さんとご来店。
「この人は、私の宝」と、おっしゃる。
ホームに入れちゃったのに?って一瞬、頭をよぎるが、
「私は、いい人生を過ごし、もういつ死んでも構わない、でも、歩きたいから、こうして毎日1万歩歩く」って。
だから、私は、できるだけ長い期間、このカフェに通ってもらえるよう、階段で怪我だけは、なさらないように
必ずお見送りをする。

生き方も、老い方も、死に方も、人それぞれ。ただ、最期まで生き抜く。
大好きな、そのお客さまから、教えてもらっている気がします。
だから、できることができなくなっていっても、それに接して、
「切ない」って思わない、強い心を欲しい。
スポンサーサイト

コメント

>最期まで生き抜く。 強い心を欲しい。
 kumiさまの言葉こころに響きました~
自分は本当にこれから生き抜けていけるだろうか?最近とても不安に思います~ とりまく環境から全てにおいてです
 でも 今日のブログは勇気づけられました ありがとうございました。。 
2011-05-11 13:49 | ブラン #- | URL [ 編集 ]

ブランさん、そういって頂けると、嬉しいです。
 だれもが、今までの価値観に疑問を抱かずには
いられない状況にあるのだと思います。
でも、どんな時でも、誰かに必要とされるのが
生きる糧になるんだし、その役目を終えても、
やはり、天命が尽きるまでは、生きぬかなければ・・・

私は、いつもブランさんの言葉少ない、でも息を呑む
写真に、心が豊かになる・・・
2011-05-12 11:38 | kumi #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cafemidi.blog12.fc2.com/tb.php/278-83216010

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。