FC2ブログ

プロフィール

kumi

Author:kumi
自家焙煎カフェ 
Cafe Midi(みでぃ)
 
   ~カフェお知らせ~

6月のランチは・・
三保で最盛期を迎える枝豆のキッシュ(限定6食)・
ごはんプレート(限定6食)のお魚は、パプリカのカラフルソース。
各800円です。
キッシュ・お魚は月ごとに替わります。
数に限りがありますので、お電話にてご予約頂けると確実です。
5名様以上の予約であれば、休日も、できる限り営業いたします。
お気軽にお電話下さい。

スイーツも全て手作りです。
どれもこれも、実母や留学中のMadameEspenelに教えてもらったものをkumi流にアレンジしてあるので、懐かしい家庭の味・・・という感じでしょうか。
ご来店お待ちしております・・・



   ★  ☆  ★  ☆

雨の日、ご来店のお客様へ・・・
ドリンク、50円割引しますよ~。
雨のカフェもいいものです・・・

 ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆

424-0901
静岡市清水区三保2125
054-334-9569

営業時間
  平日 11時~17時


カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

時計


カテゴリ


最新記事


最新コメント


FC2カウンター


月別アーカイブ


検索フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休みについて思うこと

***冬休みのお知らせ***
すみません。子供達と同様、長期お休みいただきます。
12月28日火曜日より1月5日水曜日までお休みします。
尚、最終日27日月曜は、ランチは予約完売してます。
すみません。
スイーツとお茶は、ありますので、どうぞお立ち寄り下さい。
Image011_20101105164151.jpg
1週間の休み。しかし、年末年始は、あっという間にすぎるだろう・・・
春休み・夏休み、子供達はどうするんだ???っと、ねえさんに話したら、
「子供と一緒に休むと、思ったよ。やる気なの~???」って逆に言われた・・・

そこで、「休み」について考えてみた。
私の営業状態をみると、「家庭が一番なんですね」とか、「いいお母さんですね」とか
言って下さる方が多い。「もっと、働けよ~」と言う人もいます。
 この仕事、もちろん嫌いでない。いっぱい休みたい・・・とかも思わない。
でも、「家庭が一番」とも思っていない。
何が、一番?ときかれれば、「自分の心の健全」と答える。

この間、日曜の午前中だけ、予約が入り、お店をやった。
子供たちが、キッチンに来るたびに、「今、仕事中、あっち行っていて」という
ことが、とても、ストレスだった。
たぶん、子供は、そうゆう環境になれていくと思う。
だけど、私の心は、それに慣れないだろうと思う。

予約が入り、ゆったり休日に営業も、たまにはいい。
お客さん、とっても喜んでくれるし。
でも、毎週では、私の心がもたない。

不器用なのかな?ランチの途中で、子供達のごはんの支度は、
考えただけでも、ぞっとする。じゃあ、手をぬけば?って思うかもしれないが、
それは、それで、自分が許せない。
なので、結論。
子供のためでなく、家庭のためでなく、自分のためにお休み。
決して、いいお母さんじゃあ、ありません。したいことをしているだけ。



後、何年かすれば、子供は、私を必要としなくなる。
そしたら、営業日を変更しよう。




スポンサーサイト

コメント

なるほど

kumiさまのお気持ち何となくわかるようなきがします でも
お客さまに どう思われようと 自分のスタンスでいいんじゃないかとおもいます 好きで始めた事だし あまり固く考えずに週3日営業でもいいぐらいですよ 憧れの素敵なカフェ営業って感じで みなさん思っていただいていいんじゃないんですかあ 
うちなんかはプライベートをあまり感じさせないようにしてます 生活がかかっていますから ビジネス営業です(笑)
2010-12-22 18:35 | ブラン #- | URL [ 編集 ]

kumiさん、心は大切です☆
心の様子は必ず相手に分かってしまう。と私は思ってます。

不器用なんかではないと思います。
正直なんです。
2010-12-22 20:56 | kiku #- | URL [ 編集 ]

ブランさん、kikuちゃん、ありがとう。
カフェブランに生活臭さは、ご法度でしょう。
時を買いにくる・・・って方も多いと思います。
 カラーは、まったく違うけど、私のカフェも
共通するところはあると思うんです。
やはり、生活臭は、出したくないと私も思う。
生活臭???とは?って定義もありますが・・・
2010-12-23 19:49 | kumi #- | URL [ 編集 ]

たぶん

「憧れ」につきると思います いまの自分の生活には無いものを
感じたいという非日常感 midi には midi の憧れ感があります 
ブランとは異なる「憧れ」です   手に届きそうで 届かない しかし共有できる親しみ感がある それが
midi の素晴らしさのような気がします ですから 店にお子様が出てきたりしてもgoodですよね その生活感がまた魅力  生活臭とはまったく違います 
いまの感じとてもいいと思います わたしも勉強になりま~す 

 
2010-12-23 20:39 | ブラン #- | URL [ 編集 ]

気持ちわかる

kumiちゃんの気持ち一番わかるのは私だと思う。

子供がいない私だけど、カフェをやるにあたって、何が一番大切かって、自分自身のバランスなんだよね。

私も週2回カフェを休むんだ時、
お客さん(年配のおじさん)に、飲食店で2日休むなんて・・趣味でやってるだけなんだね~ってすごい嫌み言われたんだよ。
でもさぁ~ひとりで店をやるってみんなが想像するより気力体力が必要なんだよね。
月のうち週休2日が二回ないとカラダがもたないよ。

だって休みの日に買い出しとか行ってたら休みなんてないのも同じ。
心のバランスが崩れ出したら客商売は無理。
だから無理は出来ない。


定年したらカフェをやりたい!なんて言ってる人に言いたい~
歳取っての飲食店は、思っている以上にしんどいぞ!ってね。

kumiちゃん
カフェをやってみてわかることが沢山あるよね。

出会いは楽しい~

でも、ランチを作りたくない日もある。
体調が悪い日、ランチ予約が入っていたら~無理して作らなきゃならない。
自分都合でお断りは出来ない。
お客さんは楽しみにしてくれてるからね。

でも、おかげさまで地元の知り合いがいっぱい増えた。


kumiちゃんの頑張りは私の勇気にに
2010-12-24 00:10 | かおるん #- | URL [ 編集 ]

”休み”について考えるなんて、、、フランス人なら絶対にしないような(あるいはそれしか考えてない?!)ことしてますね。
私はカフェ営業はしてないので、ちょっと視点が違うかもだけど、この視点の違いも面白く感じ、ついでに数ヶ所なんとなく思うことがあったのでコメントさせていただきます。

身体と精神のバランスはカフェ営業に限らず、人類みんな必要でしょうねぇ。特に今の時代は。
kumiさんの文章読んでて、ちょっと問題点であり、しかし言い換えれば利点である点に、”仕事場と生活の場が一緒”ということがあるのではないかしら。
その二つの境界線を作るのは容易じゃないでしょう。いや、実際、ない。頭の中では働いてるつもり(しかも現実には料理をしたり客の接待をしている)でも、自分の周りでは日常生活(この場合は家庭ね)がうろうろしている、、、
でも利点は、自分の時間を自由に使えるということがある。仕事場と生活の場が一緒だと、何かと便利じゃない?
あと、お子さん(特に長女さん)はお母さんががんばって働いてる姿を現場で見てれば、”お母さんがあんなにがんばっている、、、”と子供なりに何か学んでると思うけど。動物は学びます(ネコさえも!)!
お子さんの反応も変ってきて、”慣れない”と言っているkumiさんも変っていくと思うよ。
日本では子供は家において働く人が多いけど、こっちでは子供が結構現場にいたりして(もちろん仕事による)、親が家庭とは別の場で別の事を必死にやっているのをじっと見てたりするのは貴重な経験。将来かなり役に立つことだと思います。
親が子供を理由に仕事と家庭を混同するのはもってのほかだけど。やっぱ仕事は仕事でしょ~。

kumiさんの言う”いいお母さん”の概念が私にはいまいちわからないけど、カフェやってたらお客にはカフェのことを褒められるのが一番うれしくなーい?自慢のコーヒーや、せっせと集めた食器、ドームの雰囲気作りetc。。。

ざっと書いてみました。”他人は勝手なことばかり言うよな!”と思ってくれて結構ですぅ。
2010-12-24 06:00 | ゆっこちゃん #- | URL [ 編集 ]

たしかに

私もここ何十年と夏の連休以外の週一回の休みは 仕入れとケーキ焼き 掃除用事と あと育児も手伝っていますし まったく休みになってません  発熱しようがストレスだらけだろうが仕事します お店を維持し続けるのは想像以上に大変です でも お客様の前では それこそ趣味でやっているぐらいの非日常感を演出しています それがうちの店のカラーですから  

ゆっこさまの コメント賛成です midiの場合 お子様がちらちら手伝ったりしていたら 逆にいいですね 家族みんなで作ったセルフビルドドームとも重なり 家族のあり方の ひとつの「憧れ」して写ります それも手が届きそうな親しみ感のmidi カラー のような気もします
 
  
2010-12-24 08:01 | ブラン #- | URL [ 編集 ]

みなさんのご意見、ありがたく受け取りました・・・。
 そうなんですよね~。大変さ感をだしたら、カフェってだめなんですよね~。優雅でないと・・・。
 非日常の憧れ。確かに。

 ゆっこちゃんが言ってることも、わかる。
「親が子供を理由に仕事と家庭を混同するのはもってのほかだけど。やっぱ仕事は仕事でしょ~。」
確かに、私も、客の立場ならそう断言できる。
 この、仕事始めたら、接客業の人への対応が、とっても、甘くなっている私。結局、自分に甘く・・・、人にも甘く・・・。
みんなの意見を読みながら、まあ~、ぼちぼちやればいいかあ・・・っと。
でも、こんな風に、色んな立場の違う人達のそれぞれの考えを聞けるというのは、素直に、嬉しいなあと思う。
さあ、今日は、イヴですよ~。
サンタさんがうちにもきっと来てくれることを祈りつつ・・・
皆さんも、すてきなイヴをお過ごし下さい。
2010-12-24 10:53 | kumi #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cafemidi.blog12.fc2.com/tb.php/212-3e2c6128

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。